TCT Conference / Introducing ステージ(南4ホール会場内)

2020年1月30日(木)

セッション 2:3Dプリンティング/AM技術の規格動向と事業化・エコシステムの構築

【主催】JTBコミュニケーションデザイン / Rapid News Publications
【開催時間】10:20-12:20 登録不要 無料

「TCT Conference」では、国内外よりアディティブマニュファクチャリング・3Dプリンティング技術に関する産官学のキーマンより最新の事例・トレンド・市場動向を連日発信いたします。

セッション 1:【1/29(水)10:20-12:15】 3Dプリンティング/AM市場 各国の展望
セッション 2:【1/30(木)10:20-12:20】 3Dプリンティング/AM技術の規格動向と事業化・エコシステムの構築
セッション 3:【1/31(金)10:20-11:50】 3Dプリンティング/AM技術のデザイン思考(DfAM)・応用事例
 
Advancing the State of AM Adoption: Impacts of Transformative Technologies and Standards Harmonization
10:20-10:50

Shinbara  Tim

AMT (The Association for Manufacturing Technology)

Shinbara Tim

日英同時通訳(同)

デジタル・ファブリケーション技術の社会実装に向けた人材育成
10:50-11:20

田中 浩也

慶應義塾大学  

環境情報学部

田中 浩也

日英同時通訳(同)

The Role of Startups in the Additive Manufacturing Industry
11:20-11:50

Lee Sangmin "Simon"

AM ventures

Regional Director Asia

Lee Sangmin "Simon"

日英同時通訳(同)

【講演概要】

The ever-increasing number and size of dedicated investments in 3D printing solutions show that key strategists have realized the various advantages of additive manufacturing inherits. And it is also true that the market needs more technology solutions to address the challenges (e.g. cost, productivity, reliability, automation, post-processing, etc.) and to maximize the benefit of AM (e.g. design freedom, easy customization, digital production, etc.) to drive quicker technology adoption for industrial-scale production.Startups have contributed a lot to the success of the industry and will play a critical role in the future leveraging their natural speed, creativity and flexibility. Today, the AM Ventures ecosystem consists of AM-related hardware, software, material and application ventures. Well-known investments range from software (3Yourmind), hardware (Sintratec, DyeMansion) and material companies (Elementum 3D) to application startups such as Vectoflow or Conflux Technology.

Kansai-3D実用化プロジェクト~3D積層造形による実用化&2025年大阪・関西万博に繋がる未来の技術開発に挑戦~
11:50-12:20

谷川  淑子

経済産業省 近畿経済産業局

次世代産業・情報政策課

総括係長

谷川  淑子

日英同時通訳(同)

【講演者プロフィール】

近畿経済産業局入局。本省新規産業室、産学官連携推進課等を経て、製造産業課において「新素材CNF(セルロースナノファイバー)実用化ネットワーク」、「プラスチック業界のIoT導入」のALL-JAPANプロジェクトを立ち上げて推進し、2018年から現職。
2019年3月に「Kansai-3D実用化プロジェクト」を発足し、関西を中心としたALL-JAPANの産学官ネットワークの構築により、3D積層造形による実用化モデルの創出支援を展開している。


【講演概要】

グローバルで加速化する3D積層造形による量産化に対応するため、2019年3月に経済産業省近畿経済産業局が、3Dプリンタの普及を目指す民間団体「3Dものづくり普及促進会」との連携により「Kansai-3D実用化プロジェクト」を発足致しました。
本プロジェクトでは、同会を母体に産官学の広域ネットワークを構築し、3D積層造形で実用化に挑戦する全国の約300社を超えるユーザーを支援対象企業として、装置導入、実用化開発支援を展開、様々な分野での「新たなモノづくりの変革モデル」を創出し、2025年国際博覧会に繋がる未来の技術開発に挑戦しています。
今回は、海外の3D積層造形による量産化の最新動向(Formnext2019@ドイツ)や本プロジェクトの取り組みをご紹介させて頂きます。